FC2ブログ

日々の仕事のこと、住まいの事について。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

I邸断熱工事

新築の現場は断熱工事も終わり、内部の造作を進めています。

作業中

どの様に断熱性能を高めるかというのは、予算との折り合いを見ながら、
毎回、工事の課題になる所です。
このお宅は、硬質ウレタンフォームのフォームライトHNB-6200Jというのを
屋根裏・壁・2階床下の部分に30mm吹き付けました。

これは、細かい気泡で出来ていて、グラスウールと比べたら
薄い厚さで同じ性能を得ることが出来ます。
また継ぎ手のない断熱層を造ることが出来ます。

熱伝導率で表すと、
グラスウール24Kが 0.038W/mK に対して、
フォームライトは   0.021W/mK です。

数字だけだと分かりにくいですが、大まかに言うと
熱伝導率が大きい→熱が伝わり易い
熱伝導率が小さい→熱が伝わりにくい
ということから、熱伝導率が小さい方が熱を通しにくく
断熱性能がいいということになります。


小屋裏吹付


小屋の様子です。野地板の裏に直接吹き付けてあるので、
十分に効果があります。小屋裏の結露もなくなると考えます。


3階吹付


壁の吹き付け部分です。


P2080018.jpg


1階の天井裏(2階の床下)です。
1階をRC造にして車庫にすると、開けっ放しになっているので、
車庫の天井裏にグラスウールを敷いても、どうしても2階の床下に
隙間風が入って来たりするのですが、
これなら隙間もなくなり、断熱性能も上がります。


P1290006.jpg


小屋裏と3階の天井の間が高いのでさらに、
天井にはグラスウール100mm・16Kを敷きました。
これで、寒い冬も安心です。






スポンサーサイト
コメント
コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する
最新記事
プロフィール

ホソキ大工さん

Author:ホソキ大工さん
越後の長岡で工務店を
やっています。

リンク
カテゴリ
月別アーカイブ
最新トラックバック
検索フォーム
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。