FC2ブログ

日々の仕事のこと、住まいの事について。

スマートハウスって?

この前の講習会で、省エネやエコ住宅について勉強しました。
そこでの内容を受けての、第一弾として、
大手ハウスメーカー等が打ち出している「スマートハウス」って何?

スマートハウスとは、
ITを使って家庭内のエネルギー消費を最適にコントロールして、
住まわれる方がより快適なくらしをする為に、省エネ・節電が出来る住まいです。

どうやって省エネを管理するかというと、
ホームエネルギーマネジメントシステム(HEMS)を設置します。
これは、各部屋の消費電力量やCO2排出量をモニターで見れる様にして、
利用者が省エネに対して、気を使うことが出来るようにして、
無理のない快適なエコライフを、サポートするシステムになっています。

省エネ・創エネ設備の住宅をエコ住宅と言っていますが、
このマネジメントシステム(HEMS)を使い、
CO2の削減が出来る最適化したエコ住宅を
スマートハウスと言います(=賢い家)。
スマートフォンの「スマート」と同義です。

高気密・高断熱から省エネのエコ住宅となり、
今後はゼロカーボンを目指して、その先にあるのが
「スマートハウス」だと思われます。

また、創エネとして、
太陽光で発電した電力を住宅用蓄電池に蓄えて、
必要な時に使用することが出来ます。
停電になった時の非常用のバックアップ電源として使えます。
電気自動車の充電にも使えるようになります。

この様な取り組みを大手ハウスメーカーや、パナソニック・
NEC・トヨタなどがスマートハウス市場へ参入し始めています。

省エネ,エコ住宅やゼロカーボンとか言葉だけが
独り歩きしている感もありますが、
今後、大手ハウスメーカーでは住宅を
スマートハウスの様な方向へと誘導して行くのでは。
と、思いました。

その中で地元の工務店はどうすればよいのか、考えてしまいます。
電気に多分に頼らなければならない部分もありますが、
出来るだけ自然のエネルギーを有効活用する「自立循環型住宅」
基本として、地域にあった住まいづくりを考えて行かないとです。


まえに「自立循環型住宅」について、書いたのですが、
南北に窓をとって家の風通しを良くしたり、
庇や雁木で日射を遮ったり、
南側の採光を工夫して、冬場の太陽の熱を取り入れたりして、
自然のエネルギーとその様な電気機器をバランスよく
計画出来たらと考えています。




今回の参考にした文章は、こちらです。











スポンサーサイト
コメント
コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する
最新記事
プロフィール

ホソキ大工さん

Author:ホソキ大工さん
越後の長岡で工務店を
やっています。

リンク
カテゴリ
月別アーカイブ
最新トラックバック
検索フォーム
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード