FC2ブログ

日々の仕事のこと、住まいの事について。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

長岡市の耐震助成制度について

今回、耐震改修工事を行うにあたって、
長岡市の助成制度を活用したのでそれについて、
簡単に説明します。

対象は、S56年5月31以前の木造住宅です。
初めに、建物が地震に対して十分な強度を持っているか
耐震診断を行う必要があります。

耐震診断士が一般診断法という方法で、
建物の壁の配置や傷み具合を調査し、必要な強さを実際の建物が
持っているか評価するものです。

総合評点を4つに分類して、
1.5以上       倒壊しない
1.0以上~1.5未満  一応倒壊しない
0.7以上~1.0未満  倒壊する可能性がある
0.7未満       倒壊する可能性が高い
として、1.0未満は何らかの補強が必要となります。

この構造計算をするのに長岡市から助成があり、
延べ面積に応じて診断費用が変わるのですが、
お客様の負担は、一律10,000円になっています。
診断だけをして、工事をしなくてもかまいません。

その結果、
評点が1.0未満になって耐震改修工事を行うと決めた場合、
工事費と設計・監理費に助成があります。

その場合、
もう一度精密診断を行い、詳しく耐震改修の設計をします。
耐震改修の設計費用と工事監理費の合計の1/2が助成されます(上限12万円)。
そして工事を行った後、その工事費の1/3(上限60万円)と、
プラス最大15万円が助成されます。

耐震改修工事の流れをまとめると、
簡易的に耐震診断を行う。
    ↓
結果、総合評点が1.0未満になった場合、
設計士・施工業者と工事を行うかよく検討する。
    ↓
工事を行う場合、もう一度精密診断を行い、
どの様に改修するか設計する。
    ↓
  工事開始

という流れになっています。
これからも安心して住み続ける為には
工事を行った方がいいのですが、
予算等の問題があるので実際は、
耐震診断まで行って工事を見送るか、
部分的に補強をする方が多いです。





スポンサーサイト
最新記事
プロフィール

ホソキ大工さん

Author:ホソキ大工さん
越後の長岡で工務店を
やっています。

リンク
カテゴリ
月別アーカイブ
最新トラックバック
検索フォーム
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。