FC2ブログ

日々の仕事のこと、住まいの事について。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

玄関のリフォーム工事 (2)

雨漏れを直す目的で始まったこの工事は、
雨漏れがしている一部の外壁を後退させて、
玄関の位置を変えることになりました。


施工中


工事も進んで、ポーチの外壁を張り、
道路側の前面の壁を張ろうとした所、
お客様から、やっぱり前面はタイル貼りに出来ないか、
という相談を受けました。
工事も進んでいたので、どうしたものかと思案しましたが、
より良いものを造ろうと思い・・・・


外壁変更

それで、急きょ一部の外壁を外して、タイル貼りに変更しました。

これは、
無塗装版のサイディングの様な上に、
変成シリコンで出来た弾性の接着剤を塗って、
タイルを貼る工法です。


細割ボーダー


この様な外壁材で、長細いタイルを貼るのを見るのは初めてでした。
LIXIL(旧INAX)の、細割ボーダー( 乱割 )というタイルです。
タイルとタイルの間の目地が透けて、奥の接着剤が見えます。

ということは、何が防水の効果があるか考えた所、
メーカーの方に聞くと、
「接着剤が防水の効果があるので大丈夫です。」ということでした。
確かにタイル本体は10年保証となっていますが、
変成シリコンのコーキングは10年持たずに硬化・劣化するので、
薄く塗った接着剤だけでは、心もとないです。

下地に張ったサイディングと防湿紙で、
防水がされていると考えた方が良さそうです。
タイルを貼る前の下地工事をきちんと行うことが大切です。


壁タイル貼り


完成した様子です。
タイルを取り入れた方が、質感があって感じが良いです。
アクセントに一部貼っても良いと思いました。






スポンサーサイト
最新記事
プロフィール

ホソキ大工さん

Author:ホソキ大工さん
越後の長岡で工務店を
やっています。

リンク
カテゴリ
月別アーカイブ
最新トラックバック
検索フォーム
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。