FC2ブログ

日々の仕事のこと、住まいの事について。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

少し規模の大きいリフォーム工事(内部)

リフォーム工事の室内の様子です。

リビング1

リビングになります。
窓を大きく取って、今までのリビングにも明りが
届くようにする必要がありました。

リビング2

部屋の反対側の様子です。
奥の方は、洗面スペースへと繋がって行きます。

ネオレスト

その先は、トイレになります。
TOTOのネオレストAタイプになります。
ネオレストの中でも、一般的な機能がついている
タイプです。
ネオレストは、他のメーカーに比べて
掃除がしやすい器具だと思います。


PC060006.jpg

これは、お客様が工事が完成したので、
その御礼として、事務所まで持って来て頂いたワインです。

本当に、ありがとうございます。
突然でしたし、何か身に余る感じがして、
しかも、工事に来ていた職人さんの人数分まで
用意して頂いて、うれしかったです。
ありがとうございます。

工事をして、お客様に喜んで頂いて、
その笑顔を見ることが出来るのが、
仕事をしていて、一番の幸せだと感じました。

もうすぐクリスマスなので、その時頂きたいと
思います。


スポンサーサイト

少し規模の大きいリフォーム工事(外部)

前に紹介していた、
少し規模の大きいリフォーム工事が完成しました。
なるべく前のイメージを変えない様に、
という考えを元に工事を進めました。

増築前

増築前の様子です。

増築後

増築後は、この様になりました。
サッシは、以前取り付けていたのが、
光りを多く取り入れていたので、取り外して、
今回も、そのまま使いました。
その為、部屋の中は明るくて快適です。

ベランダ前

2階のベランダの施行前の様子です。

ベランダ後2

サンルームに変えました。
長岡の冬は、雪が降って晴れの日が少ないので、
オープンなベランダは、冬の間はほとんど使えなくなります。
そうしているうちに、雨に濡れてもいいようなものを
置きっぱなしにしてしまう物置になってしまいます。

それでは、空間がもったいないので、サンルームにすることを
お勧め致します。
これなら、冬の間でも洗濯物を干しておけます。
また、急に雨が降ってきて洗濯物を取り込んでないから
どうしようという心配もなくなるのでは、と思います。

玄関の親子ドアを、新たに引違戸に変えました。


浴室側

浴室側の様子です。
外壁は、今までとほぼ同じ感じのサイディングが
あったので、これに決めました。
旭トステムのDanサイディングです。
アルミ製で、軽くて施行し易いですし、
高耐候クリヤーの塗装で、10年相当の間、
仕上げ塗装を保護します。



規模の大きいリフォーム工事(サンルーム)

8帖一部屋と水廻りの増築工事が順調に進む中、
2階のベランダを、サンルームに変える工事にも
とりかかりました。

ベランダ前

下屋の上に取り付けているアルミのベランダで、
物干し場として使っているのですが、
囲われていない為に、冬場が使えなくて不便だという
話を聞いて、サンルームにする提案を致しました。

ベランダ解体

ベランダを外して、2階部分を増築する計画です。

サンルーム建方

建て方の様子です。

本屋の庇がすぐ上にあるので、高さが制限されます。
屋根の勾配なりに天井を張り、
少しでも部屋の空間を、広く見せるようにします。

規模の大きいリフォーム工事(増築)

増築部分の工事が、順調に進んでいます。

建て方

軸組の建て方の様子です。
登り梁の下の方が、出来上がると見えてくるので、
カンナで仕上げて、架ける作業をしています。

桁

桁の様子です。桁を柱に留めるのに、
上部に羽子板ボルトで締めていますが、
長い時間で金物が緩む可能性があるので、
脇からクサビを打ちこんでいます。
そうすることで、抜けない様になります。

間柱

外部下地

現在は、サッシを取り付けて、
外壁の下地材まで打ちました。
次は、外壁を張る予定です。


規模の大きいリフォーム工事(浴室)

PA020009.jpg

こちらの方も、浴室工事が終了しました。
TOTOさんのサザナになりました。

PA020011.jpg

下の様に、浴槽の廻りは断熱材で覆っています。
各社、断熱性能の向上には力を入れていて、
お客様にとっては、お風呂がより快適になります。

PA020005.jpg

ここで、入口のバリアフリーの様子を比べてみると、

溝2

クリナップさんは、脱衣室側と床が平らで、
お湯をレールの中の排水口から、排水しています。

PA020013.jpg

TOTOさんは、入口に止水のゴムがあって、
そこからスロープが降りていて、
浴室の床は脱衣室より下がっています。

PA020014.jpg

スロープは、外せる様になっています。
中に水抜きの口があります。
どちらも工夫をしています。

何年か前にお客様の中で、
浴室の入口から脱衣室の床に水があふれて来て
何とかして欲しいと、連絡を受けて見に行ったら、
入口のレールの下の排水口が、ごみで詰まっていました。

どのユニットバスも、排水口はたまには(半年くらい)
掃除をした方がよいでしょう。







規模の大きいリフォーム工事(4)

浴室サッシ

浴室の工事は、サッシを取り付けて、
あとはユニットバスを、待つだけになりました。

外壁外し

浴室工事は、ひとまず置いておいて、
増築に伴って正面の外壁,下屋を張り替える工事に
とりかかりました。

この建物は、一度外壁のリフォーム工事を行っており、
初めにあった外壁の上から下地材を留めて、
“はる一番”という松下電工の外壁材を張ってありました。

外壁下地

表面に張ってあった外壁を外すとこうなります。

確かにこの様に、
外壁を外さないでその上から張り替えれば、
廃材も出ないで余分な工事の手間も処分費も
かからないはずです。

しかしそれだと、
既存の外壁を外さないので、下地の状態がわかりません。
やはり外壁を外してみて、
下地材・柱・土台で傷んでいる所があったら直したり、
構造的に弱い所があったら、筋違を入れて補強をする
などの改修を行ってから、外壁を張った方が家の為には、
ずっといいでしょう。

それに、外壁を外さないのだから、その分安くなると思いますが、
下地材を替えた場合の工事と同じか、むしろ高い金額になる
業者もあるので、それはどうかと思います。

その中で一つ良いことは、
外装材は良い材質のものを使用していました。
裏に21mmという厚い断熱材を張ってあり、
表面の材質はアルミで、フッ素焼付塗装を行っていて
長期にわたり傷まないものです。

今回も、これに近いものを使おうと考えています。

規模の大きいリフォーム工事(3)

土台敷き

休みも明けて、基礎の上に土台を敷きました。

車庫庇つめ

そして、今回増築する部分が車庫のすぐそばに来ます。
その為に、車庫の軒の出を詰めました。

バス作業前

この作業と同時進行で、浴室のリフォームも行っています。
今回は、TOTOさんのサザナというユニットバスになりました。
1坪用なのですが、従来より幅も奥行きも5㎝ワイドな
バスルームになります。
その為に、現状の浴室では奥行きが合わず、
また高さも、お風呂の天井が屋根にぶつかるので、
結果、

浴室解体

浴室を全部解体して、造り変えることにしました。




最新記事
プロフィール

ホソキ大工さん

Author:ホソキ大工さん
越後の長岡で工務店を
やっています。

リンク
カテゴリ
月別アーカイブ
最新トラックバック
検索フォーム
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。