FC2ブログ

日々の仕事のこと、住まいの事について。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

住宅エコポイント再開について

住宅エコポイントが、再開されることになったので、
現在分かっていることを報告します。
今回は、被災地復興支援が大きな目的となっています。

工事対象期間は、
(1) 平成23年10月21日~平成24年10月31日に着工した新築建物。
(2) 平成23年11月21日~平成24年10月31日にエコリフォーム工事に着工の既存住宅。

ポイント発行の申請期限は、
(1) 新築の場合、一戸建て住宅:平成24年 1月中旬(調整中)~平成25年 4月30日
(2) エコリフォームの場合:  平成24年 1月中旬(調整中)~平成25年 1月31日まで

発行対象及びエコポイント数は
(1) エコ住宅の新築:被災地は   300,000ポイント
           被災地以外    150,000ポイント
          (太陽熱利用システム設置の場合は、+20,000ポイント)

(2) エコリフォーム:1戸当たりの上限 300,000ポイント
  ①窓の断熱改修は、1ヶ所ごとに算出
   面積と、工事の内容によって数が変わります。

  ②外壁,屋根・天井,床の断熱改修、施工部位ごとに発行
   外壁   :100,000P
   屋根,天井: 30,000P
   床    : 50,000P

  ③バリアフリー工事 (1戸当たり50,000Pを限度)
   ※上の2点を合わせて行う場合のみ、バリアフリー改修もポイントの対象になります。
   項目ごとに発行 (ヶ所数ではない)
   手すりの設置:5,000P
          ・浴室
          ・トイレ
          ・洗面所 
          ・居室
          ・廊下,階段 以上の項目
   段差解消  :5,000P 
          ・玄関,勝手口の段差
          ・浴室の段差 
          ・屋内の段差
   廊下幅等の拡張:25,000P
          ・通路の幅の拡張
          ・出入り口の幅の拡張

  ④省エネ住宅設備の設置 20,000ポイント
          ・太陽熱利用システム
          ・節水型トイレ
          ・高断熱浴槽

  ⑤耐震改修工事 +150,000ポイントを上限

  ⑥リフォーム瑕疵保険加入 10,000ポイント

ポイント交換対象商品は
 ・被災地の製品・産品,商品券 
 ・被災地への義援金・寄附
 ・省エネ・環境配慮商品
 ・環境寄附
 ・追加工事への即時交換

※全国共通の商品券,プリペイドカードや被災地以外の
 製品・産品,商品券への交換は行わない。
 

ここでの被災地とは、「特定被災区域」で、
 岩手県,宮城県,福島県の全域
 青森県,茨城県,栃木県,埼玉県,千葉県,新潟県,長野県の一部の市町村
となっています。


環境と被災地支援に重点を置いているので、
現時点で対象商品の詳細がまだよく分からないので、
分かってからポイントを決めた方がいいと思います。




スポンサーサイト

住宅エコポイント期間短縮

住宅エコポイントで、工事の対象期間が5ヶ月短縮されました。
内容は、
「ポイントが発行される工事の対象期間」が、
(変更前) 平成23年12月31日までに着工・着手した新築,リフォーム工事
                    ↓
(変更後) 平成23年 7月31日までに着工・着手した新築,リフォーム工事
となりました。

ここで、着工・着手の内容として、
新築:7月31日までに根切りまたは、基礎杭打ち工事を始めたもの。
リフォーム:7月31日までにポイントの発行対象工事を含む工事を始めたもの。
となっています。
なお、ポイントの申請期限及び交換期間の変更はありません。

ポイントを使って工事をお考えの方は、早めにお願い致します。

ということなのですが、
実際は、キッチンやトイレがそろうまでは、もうしばらく時間がかかります。
断熱材は、まだまだ不足しているのが現状です。
サッシについては、GW明けから通常通り揃ってきたので、
お宅でまだ1枚のガラス(単板)のサッシになっている所を、
ペアガラスのサッシに替えたり、室内側に樹脂サッシを取り付けてはいかかでしょうか。

ようやく、建材やサッシ,外壁材が流通し始めています。







住宅エコポイントが、拡充されます。

しばらくエコポイント制度について、気にしていなかったら、
エコポイント制度が延長になっていました。
詳細が決まっていない部分がありますが、
概要を報告します。

□ 工事着工期間の延長
  新築,リフォーム共、1年延長になりました。
  ・エコ住宅の新築 : 2011年12月31日までに着工したものが対象。
  ・エコリフォーム : 2011年12月31日までに着工したもの。

□ ポイントの申請期限の延長
  ・一戸建てエコ住宅の新築 : 2012年 6月30日まで。
  ・エコリフォーム : 2012年 3月31日まで。

□ ポイントの交換申請期限の延長
  新築,リフォーム共、2014年 3月31日まで。

□ ポイントの対象になる住宅設備の追加
  次の設備を、エコ住宅の新築かリフォームと併せて行う場合のみ
  対象になります。
  ポイントは、それぞれ2万ポイントになります。

  1.住宅用太陽熱利用システム(ソーラーシステム)
   新築,リフォーム共対象。
   これは、太陽の熱エネルギーを熱のまま利用して、
   給湯などに使用するシステムです。
   太陽光を電気に変える太陽光発電設備は対象外です。

  2.節水型便器
   リフォームのみ対象。
   少ない水量で洗浄出来る便器で、基準は検討中です。

  3.高断熱浴槽
   リフォームのみ対象。
   浴槽周りの断熱性能を向上させたもので、専用のふろふたが
   セットになった浴槽です。

詳細が分かったら、また報告したいと思います。

日々の仕事の他に、
常に情報を気にしていないと、
いつのまにか流れが変わっているので、
気を付けないとです。



住宅版エコポイントの講習会に行ってきました。

昨日(20日)、住宅版エコポイントについての
講習会があり、新潟市まで行ってきました。
時間の半分は、住宅瑕疵担保履行法についてで、
エコポイントについては、40分くらいの説明でした。

1/9の記事でざっと内容を書いたのですが、新しい部分を補足します。

発行対象は、
(1) 平成21年12月8日~平成22年12月31日に着工した新築建物。
(2) 平成22年 1月1日~平成22年12月31日にエコリフォーム工事に着工の既存住宅。
ただし、平成22年第2次補正予算の成立日以降に工事が完了し、
 引き渡されたものが対象。


ポイント発行の申請期限は、
(1) 新築の場合、一戸建て住宅:平成23年 6月30日まで
(2) エコリフォームの場合:平成23年 3月31日まで

ポイント交換の申請期限は、
平成25年 3月31日まで

申請方法は、
住宅の所有者が、エコポイント事務局まで郵送か窓口に持参します。
申請は、個人・法人,建築主・購入者の別によらず、申請できます。
1住戸につき、発行申請は1回のみ。

即時交換
エコ工事により取得したポイントを、引き続き追加工事を行う場合、
その工事の費用に充当出来るものとします。

エコポイント数
(1) エコ住宅の新築:1戸当たり 300,000ポイント

(2) エコリフォーム:1戸当たりの上限 300,000ポイント
  ①窓の断熱改修は、1ヶ所ごとに算出
   面積と、工事の内容によって数が変わります。

  ②外壁,屋根・天井,床の断熱改修、施工部位ごとに発行
   外壁   :100,000P
   屋根,天井: 30,000P
   床    : 50,000P

  ③バリアフリー工事 (1戸当たり50,000Pを限度)
   ※上の2点を合わせて行う場合のみ、バリアフリー改修もポイントの対象になります。
   項目ごとに発行 (ヶ所数ではない)
   手すりの設置:5,000P
          ・浴室
          ・トイレ
          ・洗面所 
          ・居室
          ・廊下,階段 以上の項目
   段差解消  :5,000P 
          ・玄関,勝手口の段差
          ・浴室の段差 
          ・屋内の段差
   廊下幅等の拡張:25,000P
          ・通路の幅の拡張
          ・出入り口の幅の拡張

今後も、変更や追加があると考えられるので、
講習会や国土交通省のHPで、動向を見て行きたいと思います。


   

「住宅版エコポイント」について

自立循環型住宅を進める上で、昨年の12月に公表された
「住宅版エコポイント」は、有効な制度になると思います。

その概要を、ざっとまとめます。
詳細は、国土交通省HPをご覧いただきたいと思います。

発行対象は、
・2009年12月8日以降に着工した新築建物。
・2010年1月1日以降にエコリフォーム工事に着工の既存住宅。

内容は、
新築の場合:
・省エネ法のトップランナー基準相当の住宅
・省エネ基準を満たす木造住宅
 例えば、
 床と壁はグラスウール100mm以上、
 天井はグラスウール180mm以上、
 窓は、二重サッシか複層ガラスサッシを取り付けて、
 高効率給湯器等を使用する様なイメージの住宅になります。

リフォームの場合:
・窓の断熱改修 二重サッシ設置,複層ガラスに交換
・床・壁・天井の断熱材の施工
・この2点を合わせて行う場合のみ、バリアフリー
 改修もポイントの対象になります。

交換対象として、
・商品券,プリペイドカード(環境配慮型のもの,公共交通機関利用カード)
・地域商品券,地域産物
・省エネ・環境配慮に優れた器具,家電等の商品
家電エコポイントに比べ、発行されるポイント数も大きくなる為、
交換対象を多様化する予定になっています。

他には、
・申請は、個人・法人,建築主・購入者の別によらず、申請できます。
・1住戸につき、発行申請は1回のみ。
・長期優良住宅普及促進事業の補助金と、住宅版エコポイントは
 併用して利用することは、出来ません。
 (長期優良住宅認定基準に省エネ基準が含まれていて、
  包括的に補充している為。)

この申請をするには、性能証明書,適合証明証,工事証明証,工事写真等が、
必要になってきますが、詳しくは、
この制度に関する、事業者向けの講習会が今月開催されるので、
行って聴いて来る予定です。



最新記事
プロフィール

ホソキ大工さん

Author:ホソキ大工さん
越後の長岡で工務店を
やっています。

リンク
カテゴリ
月別アーカイブ
最新トラックバック
検索フォーム
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。