FC2ブログ

日々の仕事のこと、住まいの事について。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

申請書類をまとめました。

今日、住宅版エコポイントの申請に行って来ました。
そして、無事に受理されました。
初めてなのでどうなるか手探りでしたが、
通ってほっとしました。
次回以降は、もっとスムーズに出来るかと思います。

提出した申請書類をまとめて書き出すので、
参考にしてもらえたらと思います。
リフォーム工事だったので、書類もリフォーム用になります。

~リフォーム用申請書類 (戸別申請)~

□ 住宅エコポイント発行・交換申請書 リフォーム用
   用紙は「住宅エコポイント」のHPでダウンロード出来ます。
   新築用の用紙もあります。
□ リフォーム用工事証明書
   この用紙も、ダウンロード出来ます。
□ 領収書か契約書のコピー

窓の断熱改修をした場合、
□ 窓、ガラスの性能証明書
   型番、番号、寸法、面積、対象地域区分等が記載されたもの。
□ 工事写真
   工事後、工事を行ったすべての窓ごとに撮影。
   申請者氏名・電話番号・工事部位を記入したA4用紙に貼り付け
   もしくは、プリントアウトする。

外壁,屋根,天井,床の断熱改修をした場合、
□ 納品書か施工証明書
   型番、区分、使用量等が記載されたもの。
□ 工事写真
   改修部位 (外壁,屋根,天井,床)ごとに、工事中の状況を撮影したもの。
   申請者氏名・電話番号・工事部位を記入したA4用紙に貼り付け
   もしくは、プリントアウトする。

バリアフリー工事を上記の2つと同時に行った場合、
□ 工事写真
   工事後、必要なすべての部位,ヶ所ごとに撮影したもの。
   申請者氏名・電話番号・工事部位を記入したA4用紙に貼り付け
   もしくは、プリントアウトする。

□ 申請者の本人が確認できる書類のコピー
  ※ 代理申請を行う場合も必ずこの書類が必要です!
   この書類は、忘れやすいので注意が必要です。
  ○運転免許証 ○日本国パスポート ○住民基本台帳カード(顔写真が掲載されているもの)
  ○健康保険証 + [公共料金領収証、クレジットカード、学生証、住民票、外国人登録原票記載事
            項証明書のうちいずれかひとつ]
   他にも確認が出来る書類があるのですが、詳細は、「住宅エコポイント」のHPでお願い致します。
代理申請の場合、
□ 代理申請者の本人が確認できる書類のコピー
   申請者の本人が確認できる書類と同じ

即時交換を利用する場合、
□ 即時交換申請書 
□ 即時交換申請書 : 振り込み口座登録用
   即時交換の申請が2回目以降の場合は、不要です。
□ 即時交換工事の工事写真 1枚 
   上記の工事写真と同じです。

以上が、申請に必要な書類になります。 





スポンサーサイト

浴室工事完了

エコポイントを活用した浴室リフォーム工事が
完了しました。
対象となる工事をまとめてみました。

「今度住む予定のお宅の水廻りを新しくしたい。」
というのが、工事のスタート地点でした。
そこに、新しく出来た今回の制度と丁度タイミングが合いました。

浴室サッシ1

浴室の窓の断熱改修・・・7,000ポイント

手摺

バリアフリー工事として、浴室に手摺取付・・・5,000ポイント

P3100008.jpg

キッチンの窓をペアガラスのサッシに交換・・・7,000ポイント

階段

今まで、階段のある所が暗かったので、手すり部分に開口を3ヶ所つくりました。
そして、サッシを新たに取り付けました。・・・サッシ取付 7,000ポイント

段差解消

バリアフリー工事として、
段差解消を浴室入口と脱衣室,リビング入口で行いました。
それぞれ5,000ポイント で、計 10,000ポイント
そして、
出入り口の幅の拡張として、・・・25,000ポイント
(有効開口の幅は、おおよそ60㎝以上)

建具

脱衣室の建具です。
明かり窓の配置を変えてみたら、面白いデザインになりました。
個人的には、気に入っています。

リビング

完了後のリビングの様子です。

キッチン

今回のポイントは、即時交換にしました。
このポイントを使って、キッチンの工事としました。

断熱後

このお宅は、高床式になっているのですが、
床下に断熱材が入っていなかったので、
断熱改修工事を行いました。・・・50,000ポイント


よって、合計すると、
① 窓(小) の取替 : 3窓 X 7,000 = 21,000
② 断熱改修 (床) : 3.0㎥以上   = 50,000
③ バリアフリー工事
 ・手すりの設置   : 1ヶ所       =  5,000
 ・段差解消     : 2ヶ所 x 5,000 = 10,000
 ・出入り口の拡張  : 1ヶ所      = 25,000
          合 計            111,000 ポイント
となりました。
このくらいのポイントがつけば、お客さまにとって
使える制度ではないでしょうか。

即時交換の場合は、直接、窓口まで行かなければなりません。
初のエコポイント申請に行ってきます。







エコポイントを使った浴室リフォーム(3)

バス1

今週の初めに、ユニットバスが付きました。
INAX システムバスルーム ラ・バスになります。

浴槽

浴槽に保温材が付いているのは、今では標準仕様ですが、
新築の時の反省をふまえて、

P3100010.jpg

壁はサンドイッチ仕様のパネルにしました。
断熱材の両側が亜鉛メッキ鋼板になっているので、
断熱性、剛性に優れています。

敷居

入口は引戸で、床はバリアフリーです。

手摺

室内には、手摺を1ヶ所取り付けました。

バス2

快適なユニットバスにするには、
・浴槽の断熱性が良いだけでなく、床・壁にも保温材が付いている方がいいです。
・床は、簡単にきれいに掃除できるもの(カラリ床とかキレイ床とか)がいいです。
・入口は、引き戸の方が入り易いし、標準仕様の折れ戸より長持ちします。
・換気乾燥暖房機にすれば、冬場の脱衣室のひんやり感を解消できます。

他に、この条件を満たしていて、お勧めなのが、
クリナップさんの「アクリア」は、どうでしょうか。




エコポイントを使った浴室リフォーム(2)

サッシ2

来週・月曜日の浴室組立に向けて、工事が進んでいます。
浴室とキッチンのサッシが付きました。

間仕切

浴室と脱衣室の間仕切りを組んでいます。

床

脱衣室とリビングの入口は、バリアフリーにしました。
窓の断熱改修や床・天井等の断熱改修を行う時に、
一体的に手すりや段差解消のを行う「バリアフリー工事」に対しては、
エコポイント発行対象になります。

サッシ性能表示

これは、現場でよく見かける窓ガラスに貼ってあるものです。
エコポイントを申請する時に、サッシの性能証明書として、
使えるみたいなので、今度からは窓を清掃する時、
うっかり破って捨てない様に注意しないとです。

サッシメーカーに連絡すれば、証明書を発行されるので、
そんなに厳重に注意しなくても良いかもしれませんが。

ここで一つ思うことは、
リフォームをする時、いくらエコポイントがつくといっても、
サッシ1ヶ所替えたから断熱性能が格段に上がるとか、
部屋の結露がなくなるかといったら、そうではないと思います。

断熱性能を上げる為に、
床・壁・天井等の建物全体の断熱工事を行うとか、
1フロアーのサッシ全部をペアガラスにするとか、
そのお宅の現状をよくみて、決めることが大切だと考えます。

その為に、お客様とよくお話をして、
より良い住まいになる様に、努力して行きたいと考えています。




エコポイントを使った浴室リフォーム(1)

1階が高床式の物置で、2階がリビングのお宅の、
そのリビングの一角に浴室をつくる工事が始まりました。

P3010001.jpg

ここに、浴室と脱衣室が出来ます。

P3010012.jpg

さらに、キッチンが狭いので、L型のキッチンに替える予定です。

P3010014.jpg

壊し始めました。

P3010015.jpg

ここに、ユニットバスが入ります。

今回の工事では、住宅版エコポイントの対象になるので
申請する予定です。
申請書等が、ダウンロード出来るようになったので、
こちらのHPから視ることが出来ます。

工事をされる方が直接申請しても、施工業者が代理で申請しても
どちらでもOKです。   

申込先は、長岡にある、
新潟建築確認検査機構に申し込む予定です。


浴室工事と住宅版エコポイント

新築工事と並行して、浴室のリフォーム工事を
来週から始める予定になっています。

そこで、3月8日から住宅版エコポイントが
受付を開始されることもあって、
浴室工事をした場合、エコポイントがどのくらいに
なるか考えてみました。

P7030015.jpg

浴室完了

例えば、上の写真の様に、
既存の浴室をユニットバスに替える
工事の様な場合です。

エコポイントの概要は、こちらをご覧いただきたいと思います。

〈工事内容〉としては、
浴室を、1坪用のユニットバスに改修する工事で、
窓は、ペアガラスの W1200xH770(0.8㎡)の広さで、
入口は一本引戸にして、手すりを一ヵ所取り付ける予定です。
そして、脱衣室とは段差をなくして、
バリアフリーにします。

すると、
・窓の断熱改修 (0.8㎡) 一ヶ所で ・・・ 7,000ポイント
 窓の断熱改修をすることで、バリアフリーリフォームを
 行う場合もポイントが加算されます。

バリアフリーリフォームとして、
・浴室内の手すりの設置 ・・・ 5,000ポイント
 (浴室内の手すりは何本つけても、ポイント数は一律)
・脱衣室の入口の段差解消 ・・・ 5,000ポイント
・出入り口の幅を広げる工事 ・・・ 25,000ポイント

よって、浴室リフォームをすると、合計は ・・・ 42,000ポイント
になります。

このポイントを、引き続き行っている
他の工事費用にも当てることが出来ますし、
商品券等に換えることも出来ます。

エコリフォームは、30万ポイントが上限になっています。
(その中で、バリアフリーリフォームは、最大5万ポイントまで)

とはいうものの、
サッシメーカーの人に聞いたのですが、
現状はまだ良くつかめていない。ということなので、
受付が開始されるといっても、窓口も
申請する側も、お互いに手探りの状態だと思われます。



最新記事
プロフィール

ホソキ大工さん

Author:ホソキ大工さん
越後の長岡で工務店を
やっています。

リンク
カテゴリ
月別アーカイブ
最新トラックバック
検索フォーム
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。